とある大学生のひとりごと。

横浜在住の大学生。好きなことを気ままに。

センター試験の「ムーミン騒動」をPEANUTSファンが外野から見て思ったこと

どうも~

 

今日から大学入試センター試験が始まりましたね。

大学3年生の中の人にとってはもう忘却の彼方の出来事ですが、センター試験と言えば毎年「何かが起きる」試験といったイメージがあります。過去に受験した方ならお分かりいただけるかと。

国語の試験で摩訶不思議な表現が飛び出したり、歴史の問題が最近流行りのものと関連付けられていたり、英語の問題の挿絵がツッコミどころ満載だったり...

全国規模の試験問題だけあって、些細な「異変」もSNSなどを通じてすぐに拡散されるその影響力もセンター試験の特徴ですよね。

 

 

そして今年も例のごとく試験問題に「異変」が!!!

 

 

今年注目を浴びたのが地理Bのとある問題。

海外をモチーフにした日本のテレビアニメをとりあげた問題で、ノルウェーフィンランドのいずれかを舞台とするアニメおよびそれぞれの国の言語が2つずつ提示された上でフィンランドのアニメと言語の正しい組み合わせを答えよという4択問題。

(ちなみに例としてスウェーデンのアニメと言語の組み合わせが載っています。)

 

この問いにノルウェーもしくはフィンランドを舞台とするアニメとしてムーミン小さなバイキングビッケが登場し話題となったわけです。

特に「ムーミン」は全国的な知名度があるためか、SNS上では「ムーミン」がトレンドワードに上昇するほどに!

日本中の、特に受験生たちから「ムーミン」が思わぬ形で注目を浴びる結果となりました。

 

こんなことを言ってますが中の人、ムーミンのことはさほど詳しくないので原作についてこれ以上語ることはできません。しかしながらこのアニメ、中の人がさんざん愛を叫んでいるアニメ「PEANUTS」と類似する点があるため、この一連の騒動には個人的に興味をひかれたのでこれから個人的な意見を書いていきます。

 センター試験の問題としての妥当性

 まずこの騒動の原因となった地理Bの問題について考察してみました。

中の人、受験生時代は日本史B選択で地理Bは守備範囲外だったため、素人なりに情報を集めてみたところ、この問題を解く上でのカギは「バイキング=ノルウェー「言語の系統」だそうです。

バイキングがいたのはノルウェーであり、ノルウェー語および例示されたスウェーデン語は共にインド・ヨーロッパ系言語で類似しており、反対にフィンランド語はスウェーデン語とは大きく異なる。

以上のことからフィンランドのアニメと言語の正しい組み合わせが導けるとのこと。

このバイキングのルーツがノルウェーであることと言語の属性に関する知識はいずれも高校地理の範囲内であり、「教科書の範囲内の知識のみで答えが出せる」センター試験の問題のポリシーに準拠していそうです。

 

よってセンター試験ムーミンが登場する点ではびっくり問題と言えますが、決してアニメの知識がないと解けない悪問ではないみたいです。

例に出ているスウェーデンの組み合わせに着目できたか否かもポイントになりそうですし、こうしてみるとむしろよく練られた問題であるような気もしてきます( ˘ω˘ )

 

 

公式への理不尽な誹謗中傷

前述の考察から中の人としてはこの問題自体に何もおかしいところはないと思います。

しかしながらSNS上ではこの問いを巡る騒動が起きていました。

なんと日本のムーミン公式Twitterアカウントに今回の問題に対する苦情や、果てには誹謗中傷とも受け取れるようなリプライが多数寄せられていました(リプを列挙するのははばかられるのでここでは省きます)。

日本のムーミン公式アカウントを運営する立場の人にとってはただのとばっちりで無視してもいいくらいのものですが、騒動を受けて公式は以下のようなツイートをしていました。

中の人、涙なしには見られません(´;ω;`)

一方的な被害者がなぜここまでしなければならないのか...

 

公式に対して心無いリプライを送ったのは受験生が大半だと察します。受験生にとっては1問の正誤が志望大学のいわゆる足切りラインに直接影響してくるし、センター試験の合計点を幾分か圧縮したものを2次試験の合否に加味する大学もあります。

そのことを考慮すれば今回の地理Bの問題も受験生の人生を左右するものであり、それが一見アニメの知識なしでは解けないようなびっくり問題であれば憤りを覚えるのも無理はありませんが、怒りの矛先を誤ったように中の人は感じます。

また上のツイートで今後のムーミン知名度向上を誓う公式の健気さ心を打たれました(´;ω;`)

 

 

ムーミンの”陰に隠れた”ビッケ

 今回のセンター試験がきっかけで無情にもやり玉に挙げられてしまったムーミン

ここで中の人は一つ疑問を抱きました。

 

なぜもう一方のアニメは炎上しないのか?

 

もう一方とは「小さなバイキングビッケ」のことです。もう一方だなんて失礼いたしました。

同じ問題に登場し、ムーミンと同じく受験生を混乱に巻き込んだ「共犯者」であるにも関わらずビッケは無傷どころか話題にすら挙がっていません。

その理由は、またしても失礼を承知で書きますが、ビッケがマジで知名度が低いからだと思います。

 

小さなバイキングビッケは1974年から1975年にかけてフジテレビでアニメが放送されており、かの有名な「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎先生が海賊好きになったきっかけなんだそうです。

つまりビッケなくしてONE PIECEなしとも言えかねない非常に重要なアニメ!(゚ω゚)

にもかかわらず全国的な知名度はお世辞にも高いとは言えないでしょう。中の人は今回の件で初めて存在を知りました。

おそらくビッケはあまりにも知名度が低く、受験生全体の規模で考えても知識の差が正答率に影響するほどの次元ではなかったが故に批判を免れた中の人は推測しています。

 

 

なぜムーミンは炎上したか?

前項でビッケについて触れましたが、中の人はさらにこうも思いました。

 

ムーミン以外のアニメだったらどうか?

 

と。もっと言えばムーミンよりも知名度の高いアニメだったらどうか?ということです。

あくまで個人的な推測ですが、ビッケは知名度が低すぎたため炎上を回避しました。では今回炎上したムーミン側のアニメが仮に「ドラえもん」や「サザエさん」といった国民的な人気を誇るものに入れ替わっていたらどうか?と考えてみました。

 

中の人が思うに、もしそうなっていたら話題にはなれど炎上はしなかった断言できます。

 

考え方はビッケの時と同じで、受験生の間でそのアニメに関する知識の差が問題の正答率に影響するか否かで判断します。国民的アニメであれば受験生はおろか日本中の誰もが慣れ親しんでいるわけですから、キャラクターやストーリーについての理解度はおおまかに見て同じなので、問題を解く上で差がつくとは思えません。

 

先に述べたとおり今回の問題はアニメの知識が全くなくても高校地理の知識さえ習得していれば解けるはずの問題なので、ムーミンやビッケのアニメとしての知名度を議論するのは本質的には無意味ですが、今は「炎上させた人間」側の観点から考察しています。

これまた先に述べたムーミン公式アカウントに寄せられた誹謗中傷の数々を要約すると

「おたくのアニメの舞台がどこの国かなんて知ったことではない。アニメを知っている人が有利になるような問題を作るな。」

といった感じです。もう1度言いますがこんなことを公式アカウントに対して言うのはお門違いです。

しかし炎上の種をまいた人々にとって怒りの主な原因は「人によってアニメの理解度が異なり、それが正答率に差を生むこと」

つまり逆に言えば個々人で理解度に差が生まれないようなアニメ、すなわち知名度が極端に高いものか低いものであれば問題ないわけです。

この理論に照らし合わせて考えると、ムーミン”中途半端に有名なアニメ”だったからこそこのような悲劇に遭遇してしまったのでしょう。

 

 

ムーミンとPEANUTSの共通点

 ムーミンという作品そのものを、中の人の得意分野であるPEANUTSと照らし合わせてみます。

ムーミンとPEANUTSの共通点は前項に書いた”中途半端に有名”なことのほかにもあります。原作は共に海外のものであり、短い周期ではあるがアニメシリーズが放映され、劇場版のアニメ映画も作成されています。

したがって探そうと思えば作品に触れる機会は十分にあるのです。ただしどちらもアニメ放映から50年近く経っており、今となってはごくまれに地上波で再放送されるのを待つくらいしか手ごろな機会はありません。

作品を知らない人たちが悪いのではなく、単純に機会に恵まれていないのです(´・ω・`)

生憎中の人の身近にムーミンの熱狂的なファンがおらず、ムーミンファンの意見をくみ取ることができませんが、これらのことから察するにどちらも「名前は聞いたことあるけど実際に作品を見たことはない」という人が大半を占めるアニメ作品でしょう。

言ってしまえば”名前が独り歩きしているアニメ”です。

ムーミンにしてもPEANUTSにしても、街に出てみれば多くの人がアニメに登場するキャラクターをあしらった何かしらのグッズを携帯しています。トートバッグやスマホケース、キーホルダー、マグカップ、ぬいぐるみなどといった感じで。

 

中の人も例外ではありません。部屋にスヌーピー6匹います(・´`U

 

さらにムーミンカフェやPEANUTS CAFEなどの店舗も存在し、公式グッズのショップも充実しています。

このような生活への浸透具合は国民的アニメ、王道アニメに引けを取らないと信じていますが、如何せん多くの人が原作コミックやアニメにほとんど触れていないのです。

中の人はPEANUTSに関することであればかなりコアな質問でも答えられる自信はありますが、ムーミンについてはキャラクター名をあてるのが精いっぱいで、作品の背景やキャラクター同士の相関関係は全く存じ上げません。

名前を聞けばすぐにピンとくるが、「どんな作品か?」を問われると言葉に詰まってしまうのが”中途半端に有名なアニメ”なんです。

 

 

今後の個人的な願望

 共に中途半端に有名なままに終わっているムーミンとPEANUTSですが、センター試験をきっかけにムーミンは幸運にも多くに人たちにグッズやコンセプトカフェだけではなく、作品そのものを知ってもらういい機会を得ました。

先ほどのツイートから伝わる公式の熱い思いがどのような形で作品の知名度を押し上げるのか注目していきたいですし、中の人が愛するPEANUTSにも同様に頑張っていただきたいです。

幸いにもPEANUTSはここ数年でアニメシリーズがNHKテレビ東京などの地上波で放送され、SNOOPY MUSEUM TOKYOもいまだ健在。去年の9月からは公式ファンクラブも発足し、今まさに波に乗ろうとしている状況でしょう。

(ついこの前NHKで放送されたアニメに関して中の人が書いた記事も載せておきます↓)

 

peanuts1950.hatenablog.jp

peanuts1950.hatenablog.jp

 

ムーミンとPEANUTS、一般的には浅い認識のままでいる作品が共に日の目を見る時が来るのを心待ちにしています。

f:id:peanuts1950:20180113202812j:image

 

 

長々と個人的な見解を書きましたが、中の人とは異なった見解をお持ちの方はコメントなどしていただけると幸いです。

 

ではまた今度(・ω・)ノシ