とある大学生のひとりごと。

横浜在住の大学生。好きなことを気ままに。

60年目の空の旅〜Come fly with me〜

どうも〜

 

昨日書いた「今年の抱負」の記事が初めてブックマークされました!

はてなスターも少しずつ増えてきていて、わずかながら一歩前へ前進したと実感してます(´ω`)

 

千里の道も一歩から。小さな歩みを止めずに進んでいきたいと思う中の人でした(`・ω・´)

 

さて、今日は中の人が激推ししているアーティスト、フランク・シナトラのメモリアルデーなので彼にまつわるお話。

なんでも今日でシナトラのアルバム"Come fly with me"がリリースされてから60年が経ったそうです!

 

公式ツイッターでも報告がありましたよ!

アルバムの表紙には女性と思しき人の手を取り背後の飛行機へ誘おうとするシナトラが描かれています。

今にも"Come fly with me!"と言ってきそうな凛々しいシナトラ様です(´ω`)

 

※豆知識

本アルバムは当時のアメリカの大手航空会社トランス・ワールド航空(TWA)とタイアップしており、背後の飛行機はTWAの実際の飛行機が描かれています!

 

こちらのアルバムは題名よろしく「空の旅」をイメージした楽曲が収録されていて、"Blue Hawaii","On the road to Mandalay","April in Paris"などタイトルだけでも世界中をあちこち旅しています。"Around the world"なんて曲も!

 

そんなアルバムの中で最も有名なのがもちろん"Come fly with me"

この曲は映画でも使用され、スティーブン・スピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオトム・ハンクス主演の「Catch me if you can」では挿入曲、綾瀬はるか田辺誠一らによる「ハッピーフライト」では主題歌として採用されています!

 

「一緒に空の旅を楽しもう!」と言わんばかりにシナトラが明るく高らかに歌い上げるこの曲を聴けば、体が勝手に動き出し今すぐに飛行機のチケットを取ってトランクケースに荷物を詰めはじめることでしょう。

日本はまだまだ寒いのでせっかくなら南国にでも行こうかしら。

あるいはシナトラと共にボンベイ(現ムンバイ)のバーで異国のお酒を嗜むのもいいですね。

 f:id:peanuts1950:20180107150356j:image

ボンベイの件は曲を聴けばお分かりいただけるかと!

 

 

Come Fly With Me

Come Fly With Me

 リマスター版もありますよ!

 

 

この機会に皆さんもシナトラの美声に酔いしれてみてはいかがでしょうか?

アテンションプリーズ

皆さんよい空の旅を~

 

ではまた今度(・∀・)ノシ