とある大学生のひとりごと。

横浜在住の大学生。好きなことを気ままに。

Frank Sinatra〜ええ声地球代表〜

どうも〜

 

ついさっきBSでダイ・ハードが放送されてました。

ダイ・ハードといえば、クリスマスイブの夜にとんでもない凶悪事件に巻き込まれてしまった世界一ついてない刑事ジョン・マクレーンブルース・ウィリスが躍動感たっぷりに演じたアクション映画

 

年が明けて間もない今クリスマス関係の映画を流すのか!?

 

といささか驚いてます。

新年早々あんな感じでドンパチされたらたまったもんじゃないですよ(°ω°)

 

 

 

この映画のラストで流れる曲が個人的にとても印象に残ってまして。

Vaughn Monroe(ヴォーン・モンロー)の「Let it snow」という曲です。

 

Let It Snow,Let It Snow,Let It Snow

Let It Snow,Let It Snow,Let It Snow

  • ヴォーン・モンロー
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

邦題をつけるなら「雪よ降れ」といった感じで、クリスマスソングの定番です(厳密に言うと曲中でクリスマスのことは歌ってませんが)))

 

渋く響き渡る低音ボイスで歌われるこの歌を聴いていると、窓の外にしんしんと降る雪を眺めながら暖炉の前でぬくぬくしているかのような温かみを感じるんですよ〜(*´ω`*)

Vaughn Monroeに限らず、低い男声かつジャズ調の曲には目がないもんで。特に50年代、60年代あたりのやつ

 

中でも一番好きなのがタイトルにも書いたFrank Sinatra(フランク・シナトラ)です!

f:id:peanuts1950:20180105220025j:image

こちらの見るからにダンディーなお方です。

シナトラはエルヴィス・プレスリーマイケル・ジャクソンと肩を並べる20世紀を代表するアーティストで...

 

 

  • 世界的に有名なラッパーのJay-Zが自身の曲「Empire State Of Mind」の中で”I’m the new Sinatra(俺は新時代のシナトラ)”と歌う一節がある

 

  • イギリスの音楽誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100人のシンガー」第3位

 

などここには書ききれないほど様々な形で音楽業界や大衆文化に影響を与えました!

 

"Voice of 20th Century""The Voice"の異名を持つのも至極納得( ˘ω˘ )

 

 

"Voice of 20th Century"のとてつもないパワーワード感...まさにええ声地球代表( ̄+ー ̄)

 

 

シナトラの低く渋い、それでいてなめらかな歌声は色気たっぷりで男ながらに惚れ込むほどの凄みがあります...!

 

 

日本ではシナトラを知らない人が多いと思うので今回は簡単な紹介で留めておきますが、いずれまた彼の歌についてオタク目線でつらつら書いていこうかと企む中の人でした。

 

ではまた今度(・∀・)ノシ